読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだり食べたりした記録

旧ブログ「おやつ、読書・・・ときどきバレエのこと。」

東野圭吾 「さまよう刃」

映画化されたときに古書店で買って、それっきりになっていたのを思い出して読みました。
あっと言う間に読了です。


さまよう刃 (角川文庫)さまよう刃 (角川文庫)
(2008/05/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る

特に後半は息つく間もない展開で、ちょっとしたどんでん返しもあり、止まらなくなりました。

ただ・・・エンタテイメントとして読むには、重すぎるテーマでした。
設定も展開も、一つのミステリーとして読むにはとても興味深く面白いんですが、少年犯罪とか復讐の禁止とかのテーマを考えたら、とても能天気に楽しめません。。

「あの手のガキの神経を理解しようと思っても無駄だぜ。奴らには、自分の行為によって周りにどんな影響を与えるかとか、人がどう思うかなんてことを考える頭がないんだ。」
「悪いことをしたんだから、その子供に問題があるというのは疑いのない事実だと思いますよ。」
などなどというくだりがありながら、じゃあそれに対してどうすべきと考えているのか、作者の意図が読み取れなかったです。
だから消化不良気味。
読書していると、頭から尻尾までどこを切っても悪の一色で、とても常人には理解できないような非行少年が出てくることがありますが、そういうモンスターは本当に存在するのでしょうが、少年だから悪事を働く理由とか心理は大人には理解できなくて当然、みたいになっていることが多いです。。

こちらも、問題をどう受け止めるかは読者に委ねる、っていう感じでした。
うーん・・・。