読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだり食べたりした記録

旧ブログ「おやつ、読書・・・ときどきバレエのこと。」

警察小説競作 「鼓動」

「すごい!」と書かれた帯がついている新潮文庫のシリーズ。
6人の人気作家による短編の競作です。


鼓動―警察小説競作 (新潮文庫)鼓動―警察小説競作 (新潮文庫)
(2006/01)
新潮社

商品詳細を見る

大沢在昌 「雷鳴」
1幕1場のお芝居のような構成の短いお話。
有名な<新宿鮫>シリーズの鮫島が登場するじゃないですか。
新宿鮫シリーズ、読みたくなってきました。。

今野敏 「刑事調査官」
別名検死官とも呼ばれる刑事調査官の活躍を描いた短編。
東京の下町言葉で喋るベテラン刑事調査官の谷の活躍がかっこいい。
いつも自分に自信のない刑事の大島もいい味出してますし、心理調査官島崎優子の存在もいいですね。
シリーズ化してほしい作品です。

白川道 「誰がために」
現役の刑事は登場しませんが、退官した元刑事の語りによって徐々に真相が明かされる悲しい物語。
やり場のない想いと戦っている犯罪被害者たちの胸のうちが語られていて、涙なしには読めません。。

永瀬隼介 「ロシアン・トラップ」
犯罪もの。
警察小説は好きですが、罪を犯す側の視点で書かれている小説は苦手です。
はらはらしすぎて心臓に悪い。。
たいていは、後味の悪い終わり方だし。
ただ、読み始めたらはまってしまって止まらなくなるんですよね。

乃南アサ 「とどろきセブン」
今どきの若い男の子、といった感じの新人巡査・高木聖大くんが主人公の、ほのぼのとした作品。
大好きな女刑事 音道貴子 シリーズでもそうでしたが、細かいところの描写に親しみが持てます。
ボクの町 (新潮文庫)」も高木聖大くんが主人公のシリーズということで、今度読んでみますか。