読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだり食べたりした記録

旧ブログ「おやつ、読書・・・ときどきバレエのこと。」

池井戸潤 「空飛ぶタイヤ(上)(下)」

順番が前後しますが、この前の3連休に読んだ本。
三菱ふそうトラック・バスのタイヤ脱落事故を下敷きにしたフィクションです。

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)
空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
(2009/09/15)
池井戸 潤

商品詳細を見る
空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)
(2009/09/15)
池井戸 潤

商品詳細を見る

事故を起こしたトラックを所有する運送会社、その運送会社の社長である赤松の家庭、赤松がPTA会長を務める小学校、タイヤ脱落事故を捜査する港北警察署、タイヤ脱落の原因を運送会社の整備不良とするホープ自動車、ホープ自動車から無理な融資の依頼を受けている東京ホープ銀行・・・と、章ごとに場面や登場人物が変わるものだから、最初はついていくのに必死でした。

が、事故原因は運送会社の整備不良によるもの、と言われても、社員や家族のために信念を曲げずに真実を探り続けた赤松の姿がとても感動的でした。
跳梁跋扈する大企業内部の駆け引きも読みごたえありました。
それから池井戸氏の小説には欠かせない、銀行の場面もありました。
何人かの印象的なバンカー(銀行員)が登場します。

巨大企業に素手で戦いを挑んでいくストーリーの面白さと、晴れて赤松運送の無実が証明されてスッキリしたい、という思いから、休みのうちに一気に上下巻を読みきりました。
感動的なエンターテイメント企業小説でした。