読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだり食べたりした記録

旧ブログ「おやつ、読書・・・ときどきバレエのこと。」

今野敏 「疑心 - 隠蔽捜査3」

読んだ

今野敏さんの「隠蔽捜査」シリーズ3作目、「疑心」を読みました。

疑心: 隠蔽捜査3 (新潮文庫)疑心: 隠蔽捜査3 (新潮文庫)
(2012/01/28)
今野 敏

商品詳細を見る

アメリカ大統領が来日することになり、大森署の署長・竜崎は第二方面警備本部本部長に抜擢されます。
これが異例の人事だったために、竜崎を失脚させるために誰かが仕組んだ罠なのではないか? とタイトル通りの「疑心」にかられます。
果たして竜崎は無事に任務を果たすことができるのか?!

という大事なところで竜崎に意外なピンチが訪れます。
何と! 部下の女性に恋心を抱いてしまうという、、
えー、何じゃそれ。竜崎って既婚者やん、とドン引きするなかれ、竜崎なりに見いだした結論が彼らしくていい。
この人の「原理原則に則って行動する」という規範、自分でも仕事が込み入ってきたときに思い出しては助けられてますー。
物事が整理されると気持ちが楽になるんですよね。

さて今作は竜崎の脇を固める伊丹と戸高が、それぞれいい働きをしているます。
竜崎がモヤモヤしていただけに、彼らがいなかったら本当に失脚していたかも?

タイトルの「疑心」ですが、作中ではその真相は明かされません。
(誰かが竜崎をはめようとしていたのか? もしそうなら、それは誰なのか? )
真相は「初陣 隠蔽捜査〈3.5〉」で明らかにされているらしいです。
こちらは伊丹の視点で書かれた短編集だそうで、文庫になったら買おうと思います。