読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだり食べたりした記録

旧ブログ「おやつ、読書・・・ときどきバレエのこと。」

今野敏 「最前線」

読んだ

引き続き臨海署安積班シリーズの短編集。
1日1冊ペースで読める、、

最前線―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)最前線―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)
(2007/08)
今野 敏

商品詳細を見る

表題作の「最前線」は安積班で一番影が薄い?桜井刑事の目線で刑事としての成長とは? をテーマにしたお話。
そして安積自身も、新人の頃に刑事としての基本を叩き込んでくれた大先輩と同じ捜査本部で再会します。

刑事ドラマ的な面白さもありますが、会社員とか、組織の中で働く人ならよく思い当たるような問題提起、共感できるような迷いが描かれているのが気に入っていて、飽きずに読み進めているシリーズです。
派手ではなく、整理されていて読みやすい文体も好き。
そしてときに、たった一言でホロリときてしまうのが、さすが今野さんの筆だなあと思います。