読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだり食べたりした記録

旧ブログ「おやつ、読書・・・ときどきバレエのこと。」

東野圭吾 「使命と魂のリミット」

東野圭吾さんの医療ミステリー。
というか、病院を舞台にした小説です。


使命と魂のリミット (角川文庫)使命と魂のリミット (角川文庫)
(2010/02/25)
東野 圭吾

商品詳細を見る

病院に届けられた脅迫状、犯人の狙いは一体...?!
東野さんの小説で楽しみなのは、犯人役だったり探偵役だったり、色んなエンジニアが出てきて、知力と技術の限りを尽くすところ。
今回も興味津々で読み進めましたよ。

本作ではそれとは別に、研修医・夕紀の揺れる心だったり、夕紀や他の医師たちの矜持だったり、患者さんの家族の思惑だったり、色んな思いに胸を熱くしたり。

文庫の帯に「思わぬ展開」と書いてありましたが、真相は意外と予想に近いものでした。
が、それでもクライマックスの手術シーンは圧巻!!

面白かったです。