読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだり食べたりした記録

旧ブログ「おやつ、読書・・・ときどきバレエのこと。」

今野敏 「初陣 - 隠蔽捜査3.5」

読んだ

「隠蔽捜査」シリーズの番外編(今はスピンオフっていうんだっけ)の短編集です。
「疑心 - 隠蔽捜査3 -」の前日譚も収録されています。
文庫で出ていたので、さっそく買ってきました。


初陣: 隠蔽捜査3.5 (新潮文庫)初陣: 隠蔽捜査3.5 (新潮文庫)
(2013/01/28)
今野 敏

商品詳細を見る

今野さんの本はいつでもそうなのですが、面白くて読みやすいので、読み出したら止まらず、あっという間に読了です。
本作は隠蔽捜査シリーズの主人公・竜崎の幼なじみにして同期の伊丹の視点で描かれています。
竜崎は本当に頭がいいんだけれど、頭よすぎて時に何を考えているのか分からなくなる上に、空気など読まずに原理原則を貫くために、私たち読者は「???」となってしまうのですが、それは伊丹も同じのようです。
警視庁刑事部長のポストにありながらも、トラブルが発生すると内心は混乱して右往左往してしまう伊丹と、信念のもと決して揺るがない竜崎の対比が面白いです。
まるでスーパーマンのように難題を解決していく竜崎の鮮やかさ... あ、主人公は伊丹でしたね。
伊丹だって努力の人だし、偉い立場にありながら常に自らを問い直す姿勢も素晴らしい。

短編とはいえ、どの話も読み応えがあって大満足でした。


こちらが文庫で出るのはいつごろかな?

転迷―隠蔽捜査〈4〉転迷―隠蔽捜査〈4〉
(2011/09)
今野 敏

商品詳細を見る