読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだり食べたりした記録

旧ブログ「おやつ、読書・・・ときどきバレエのこと。」

赤坂大歌舞伎「怪談乳房榎」

もう先週のことですが、久しぶりに上京。
赤坂ACTシアターへ歌舞伎を観に行ってきました。

IMG_0883.jpg

あいにくの曇り空でしたが、桜はちょうど満開を迎えていました。
役者さんが出入りする花道代わりの通路からも近い席で、初めてこんなに間近に役者さんたち見たけど、皆さんとっても綺麗で格好よかったです!

とにかく中村勘九郎さんの三役早変わりがすごかったー。
絵師の菱川重信、その下男・正助、悪党のうわばみ三次の3役を一人で演じました。

朴訥とした雰囲気の正助が、磯貝浪江(中村獅童)に言いくるめられ無理矢理重信殺しに加担させられます。
その上、殺された重信の遺児・真与太郎まで殺してくるように強要されます。
「そんな恐ろしいこと、オラできねぇだ... 」とうなだれる正助に思わずこちらまでウルウル、、
正助がどんなに主人を尊敬していて、真与太郎のことを可愛がっていたかが伝わってきて、ねえ。
それまでは軽妙なやりとりに笑ったり、見事な早変わりに目を丸くしたりしていただけに、自分でも意外な涙だったんですけど。

続く十二社の大滝の場では正助ともども真与太郎の命を奪おうと追ってきた三次との格闘になるんですが、「がんばれ正助、真与太郎を守るんだ!!」とすっかり引き込まれて応援している気持ちになりました。
大滝の場の最後、重信の霊が現れて三次を滝壺に沈め、我が子を正助に託すのですが、重信の霊が消える瞬間、愛おしそうに真与太郎に頬を寄せる仕草にまた涙腺が、、
だって、まだいとけない我が子を残して逝かなければいけない父の心境といったら、、

で、よく考えてみたら。
この大滝の場、勘九郎さん一人で全部演じているんですよ!! もちろんCGとかなしです。
(真与太郎はお人形です ^_^;)

替え玉の役者さんや裏方さんとの息の合った早変わりも凄かったけど、物語の面白さ、お芝居の素晴らしさにも大満足!!!

七之助さん演じる重信の妻お関は、冒頭で武家の出身らしい風格を見せていましたが、浪江に言い寄られついに拒みきれなくなったとき、急に妻でも母でもない空っぽな表情を見せたのが印象的でした。
予習のつもりで、原作の落語を聞いていたら、そこでは「最初は嫌々応じていたお関も、逢瀬を重ねるうちに自分から誘うようになった」みたいなことが語られていて、歌舞伎ではそこまでは描かれていませんが、そうなってゆくことが十分想像できるような表情でした。

IMG_0839.jpg

最後の乳房榎の場の終わり方もよかったー。
終始、「これはお芝居、娯楽です」というスタンスでありながら、熱く盛り上がって楽しめるのが歌舞伎のいいところ。

IMG_0880.jpg


開場を目前に控えた歌舞伎座も見てきましたよー。
東京メトロの東銀座駅から直結していて、すでにお土産屋さんやお蕎麦屋さんの営業も始まっていました。
もう1回、今度はこけら落とし公演の観劇でここに来られたらいいなー。