読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだり食べたりした記録

旧ブログ「おやつ、読書・・・ときどきバレエのこと。」

東野圭吾 「真夏の方程式」

文庫が出て割とすぐに買って読みました。

真夏の方程式 (文春文庫)真夏の方程式 (文春文庫)
(2013/05/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る

東野圭吾さんの小説ってもっと面白いのも色々あるんだけど〜、、これは期待したほどではなかったなあ。
期待し過ぎ?
もっと理系成分が濃いほうが好みなのかな。
ちょうどテレビで「ガリレオ」やってるの見ちゃって、湯川先生が福山雅治さんとしか思えなくなったから、っていうのもあるかも。
湯川先生って無償で警察にしてるの? 警察の人も公然と当てにするようになってきたし、、とか野暮なことが気になりだしたり。

あ、でも、東京での警察の捜査の場面はけっこう引き込まれて読みました。
被害者で退職した元刑事が追っていた事件の真相とは? っていう部分。

そうか、今作は湯川先生抜きでも成立しそうなお話だったから、それで物足りなかったというか、湯川先生が浮いちゃったように感じたのかも。